借金があると結婚できない?

たとえ男性も女性も貧乏でお金が無かったとしても、愛があれば婚姻届を出して手続きを済ませれば、正式に結婚することはできます。

しかし現実問題として、お金が無ければ、式を挙げることは難しくてできないでしょう。
しかし、式は省いても結婚そのものには、何ら差し支えはありません。

実際、挙式できなくても入籍して結ばれるカップルは、世の中には沢山いるのです。
ただし、必要最低限の生活費が無ければ、幸せな生活は送れません。

結婚するからには、一生懸命に働いてお金を稼いで、将来に備えて貯金もして、夫婦生活を健全に送っていかなければなりません。

それは、やがて生まれてくる子供たちのために、果たさなければならない、夫婦二人の責任でもあるのです。
できない、では済まないのです。

しかし、たとえ夫婦で真面目に一生懸命働いても、それでもお金に困ってしまうことも時にはあるでしょう。
そんな時には、借金をして乗り越えるしかありません。
無い袖は振れませんからね。

借金をすれば、返済の苦労を背負うことにはなります。
それは、二人で力を合わせて頑張るしかありません。
結婚して夫婦になったからには、借金の苦労も二人で分かち合い、乗り越えてゆくしかないのです。

お金の苦労は辛いものですが、そんな辛い時にこそ助け合い励まし合い協力するのが、夫婦の素晴らしさでもあります。

参考:借金していたら結婚できない?

借金があると結婚できない?

私は30代の主婦です。
借金と結婚というキーワードを考えてみました。

頭に思い浮かぶこととしては、あまり良いイメージはありません。
借金があると結婚できない、と考えてしまうからです。

確かにその考えは間違っていません。
お金を借りている人と結婚できないという考えは普通ですし、そもそも相反することだからです。

ですから、もしあなたに将来を真剣に考えているパートナーがいるのであれば、お金を借りているかどうかを確認する必要があります。

入籍するまでは借入の事を隠していて、いざ籍を入れてから蓋を開けてみたら、お金を借りていたという話はよく聞きます。

一方で、当初は借入はなかったけれども、事業に失敗して負債を負い、借金をしてしまったという話も聞きます。
生活の中でパートナーが借入を背負ってしまったのであれば、まずはその原因を考えることが大切です。

内容によっては離婚する必要があるものもありますし、そうしなくても良いものもあります。
一緒に暮らすには、この判断がとても大切です。

結婚生活のプロセスの中で、不慮の出来事で借金を背負ってしまうケースがありますが、その際はパートナーをできるだけ支えてあげましょう。

パートナーにとっても意図しない事態ですので、その事情を十分に汲み取り、可能な限り側でサポートしてあげることが大切です。

借金があって結婚できない人はどうしたらいい?

愛するパートナーができて、そろそろ入籍を・・・。
と、考えているという人で中には、実は何かしらの借金を抱えていて、それが足かせになって、結婚できない人もいるのではないのでしょうか。

正直なところ、借入したお金を返済しないまま入籍すると、そのときは黙っていても、いずれはバレてしまう可能性が高いでしょう。
というのも、借金をしている事を相手に知られないようにするためには、相手に収入や支出を知られないようにする必要があるからです。

これは、一つ屋根の下で暮らすようになったら、到底不可能に近いでしょう。
催促の電話や通知によってバレるという場合もありますしね。

もし、知られてしまったら、夫婦間に亀裂が走る可能性は高いです。
最悪離婚という事にもなってくるでしょう。

仮に入籍する前に、実はお金を借りているという事実を話してしまうというのも、結婚できない可能性もあるでしょう。
こちらの可能性も、かなり高いのです。

ですから、できることなら、結婚する前に借金は返済してしまう事が一番なのです。
もちろん中には、そんなの現在の状況では不可能だという人もいるかもしれません。

しかし、両親に相談したり、それも困難なら弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談する事で、解決していける可能性は高いです。